« 武士道 | トップページ | キャッシュフロー計算書に迷ったら・・・ »

2010年8月30日 (月)

JR東日本 総合車両センターの夏休みフェア 行ってきました。

土曜日 JR東日本の東京総合車両センターで開かれていた
夏休みフェアに 子供と行ってきた

総合車両センター=操車場 かなあ

すごい人ごみで いろいろなゲームや電車の洗浄体験、車掌の体験など
たくさんのイベントがあって すごい貴重な機会ではあるのだけど
通勤電車の混雑にへきへきしている僕からすると 鉄道=込むもの
といった宿命を感じてしまったりして 暑い中 ヘトヘトになっていました

会場には 親子と鉄道マニアの方が 6対4くらいの割合でいらっしゃいました

車掌体験に並んだときですが、これも30分くらい 電車の中で待ち続ける
のですが、鉄道マニアのみなさんんお素晴らしいアナウンスが 流れるのを
聞きながら待ちました

小さな子供がするときは 最寄りの駅などを 鉄道会社問わずで
「次は○○」なんてするので、あ あの子は ○○あたりからきたんだああ
などとわかりやすいのですが、マニアの皆さんはすごかったです

長い列を並んでいる身からすると あまり停車駅とか乗換案内を丁寧に
しなくていいから もっと回転を速くするために短くしてよ・・・などと
思うのですが、本物の車掌さん顔負けの案内が結構あって
中には、廃止となった寝台特急のメロディまで用意してあって レコーダーを
マイクにつかづけて チャイムをならしながら 最後の電車を見送る
メッセージとかいうのもありました

もちろん、鉄道女子の方も素晴らしくて すごく上手でした

ただセリフではなくて、路線図が頭にあるよ!というマニアな皆さんのを
聞きながら

息子は 俺はこんなにできない・・・ という感じで びびりだし
自分の番になったころには あまり声もでないような感じだったのですが

もっと彼が小さい頃 最寄り駅で 電車を待つときとか 電車に乗ると
いろいろ真似てアナウンスしてたのに、緊張とか恥ずかしさが出てきて
これはこれで 普通に成長しているのだと思いまいた

それにしても 運転室は聖地なわけで 多くの人がそこに並んでたし
運転席にも子供は座らせてもらったりしてましたが
普段は入れないところに入り込み できないことができて
喜んでいる 自分たちをみて
鉄道の魅力ってすごいなあと思いました。

« 武士道 | トップページ | キャッシュフロー計算書に迷ったら・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/49291393

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本 総合車両センターの夏休みフェア 行ってきました。:

« 武士道 | トップページ | キャッシュフロー計算書に迷ったら・・・ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本