« 美に生きた細川護立の眼(細川護熙編) | トップページ | MBB:「思い」のマネジメント »

2010年7月11日 (日)

ウツかと思うときにオススメ

誰もが会社で働いていると ウツになりそうな
そんな危機を感じることがあるのではないでしょうか

本当はみんながその危機を感じるのであれば
お互いに優しくなれるはずなのに、なかなかそれは
難しくて

見えない競争のようなものをしてしまって
実際にはそんな目に見えない心理戦で業績が
よくなったりするわけではないのですが

存在意義を会社に見出そうとすればするほど
誰かを傷つけている そんな状況があるように
思います

こんなことを思うのも僕自身いろいろと危機を感じて
または危機にさらされて、それは進行形な部分も
ありますが、いろいろ本を読んでみたりしたのですが
なんとなく管理者向けに書かれたものが多くて


中森勇人著
心が折れそうなビジネスマンが読む本 (ソフトバンク新書)

は著者の経験から うつになった側のことが書いてあって
とても勇気が得られそうな本です。

また、リストラにあった方の体験などもあって
ただそれらがただ病気にどう対処したかという内容よりは
ビジネスマンとして どのように自立していったかという
部分が書かれていて 

働く人の尊厳をとても大切にされているように感じました。

参考になったキーワードとして

「しなやかに、おだやかに、したたかに」 というものがあって
極意と思いました。

« 美に生きた細川護立の眼(細川護熙編) | トップページ | MBB:「思い」のマネジメント »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美に生きた細川護立の眼(細川護熙編) | トップページ | MBB:「思い」のマネジメント »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本