« 東京シェア生活/ひつじ不動産監修 | トップページ | 世界の広告たち »

2010年3月 7日 (日)

つい忘れてしまうEU

大前研一の「衝撃!EUパワー」を読んだ。

氏の著書らしいタイトルで、いつもの・・・となんとなく抵抗感を
感じながらも めくりながら、EU加盟国とその周辺諸国の
状況や産業の流れなどが よく整理されていて

つい自分の頭の中が、アメリカ-日本-中国という地勢で
世界を考えてしまうくせを、これはEUも意識しなくちゃと思った。

とくに、EUが国家の在り方や生活感、経済政策の運営など
教科書的ではなく、基礎の上に実験的なチャレンジを続けて
いるように思えて、その姿勢は学べると思った。


なかなか、世界を観て歩くということはできないけど
何かしらの機会を作りたいです。
(勉強しなくちゃ)

« 東京シェア生活/ひつじ不動産監修 | トップページ | 世界の広告たち »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京シェア生活/ひつじ不動産監修 | トップページ | 世界の広告たち »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本