« 探し物発掘 | トップページ | チャンドマニという映画に影響を受けてモンゴルの音楽を聴いてみました。 »

2010年2月10日 (水)

カンテツな女子

NHKの「カンテツな女子」という番組を観ました。

女性の職業人の徹夜仕事をドキュメントするといった
内容の番組ですが、勤労女子というのは好きな呼び方では
ないですが(笑)でも自分でも同じタイトルつけます。きっと。

以前、クリスマスが終わろうとする銀座で、天麩羅屋さんの
天國のショーウィンドウのディスプレイを徹夜して
クリスマスヴァージョンからお正月ヴァージョンに衣替え
する様子があって、

面白い視点で番組が作られていると思って拝見していた番組です。

さて、今回はスキー場で深夜に人工雪を作る方のお話しだった
のですが、いろいろなことを考えました。

ちなみに、スキー場の深夜ってとても寒そうで、取材している人も
大変だなあ~ と思いました。

さて、この番組の良いところだと思うのですが、
性別は異なるもの、年齢的に同じくらいの等身大で頑張る方の姿を
観て、いろいろな刺激をもらいます。その都度、考えさせられます。

今回は、自分自身が他人様の職業に対してどのような視線を持って
いるのかと自問しました。

自分だったら、どのような言葉をその人に投げかけ、何を聞き出そうと
するのか、もしかしたら、何も考えていないくらいのほうが良いのかも
しれませんが、質問形式の番組作りになっているようで、
映像よりも本質的な語りかけの中に、いろいろな気持ちの移り変わりの
ようなものを感じます。

自分自身は、職業に貴賎はないといいながら、勝手な憧れやリスペクト、
一方で見下してしまうといったことがあるだろうし、それらから自由に
なって

本当に自分ができることはどんなことかな?
したいことは何か?
どこまで自分を出して仕事を成していくことができるのかな?

そうしたことを考えさせられました。

たぶん、それは勝手な想像ですが、
その番組に登場している人にも、作っている人にも
「好きな仕事を存分にしている」という覚悟の上にある幸福感のような
ものが漂っていて、それが僕には欠けているからかもしれません。(汗)

いずれにしても、何かを考えさせられる機会に出会えること、
それは一つの幸福です。

« 探し物発掘 | トップページ | チャンドマニという映画に影響を受けてモンゴルの音楽を聴いてみました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いまさら、大河ドラマ龍馬伝の3話を見ていますが、龍馬も「自分が何を為すために生まれてきたかを江戸で探す」ために、江戸を目指しているんですね。

わたしもここ何年も、何を為すために生まれてきたかを探す旅を続けています。

「好きな仕事を存分にしている」人というのは、何を為すために生まれてきたかが分かっている人なのかもしれませんね。

それを探す過程もまた、楽しいものです♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 探し物発掘 | トップページ | チャンドマニという映画に影響を受けてモンゴルの音楽を聴いてみました。 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本