« マーケティング・プレイブック | トップページ | 薪を背負う二宮金次郎はどこからきたのか・・・金次郎マップ作りたい »

2010年2月18日 (木)

雪の朝とアメリカ人の深層心理

今朝、東京は雪が降っていました。
その様子をみて、街の教会付属の幼稚園に通う息子が
「神様、雪にしてくださってありがとうございます」
と祈っていたのですが、まあ 彼は雨の日は雨、
晴れの日は晴れと いつでもありがとうございますと
祈るときがあります。

きっと、幼稚園でやってることを真似ているだけで
小学校になってしまえば、それも消えてしまうのだと
思います。

でも、加藤諦三氏の
「誰も書かなかったアメリカ人の深層心理」

を読んでいて、アメリカ人の前提にプロテスタンティズム
があり、神を信じた上で、競争したり失敗したりしていて、

信仰心が薄くなってしまった日本人が、競争原理を輸入して
きたところで、その意味はまったく異なることになってしまう
という指摘をされていて、

わが子を褒めたい訳ではありませんが、うまい例示ではないかと
思いました。

晴れても雨がふろうと雪が降ろうと、ありがとうと感謝した
その日と、

なんで晴れなかったのだろうといって始まる一日では
違うことも多いのではないでしょうか。

無論、アメリカ人の信仰心の根底となる開拓者精神のようなものは
息子が幼稚園で教わってくるお祈りには含まれてはいないと
思いますが・・・。

これからの日本で、どのように生きることが幸せなのかと
思います。

豊かな人間性が邪魔になってしまう、そういう社会が出来上がって
しまっているようで、仕方ありません。

自分自身の精進が必要なことは言うまでもありませんが、
身近に人格者を感じない世の中であるとしたら、やはり不幸なこと
と思います。

« マーケティング・プレイブック | トップページ | 薪を背負う二宮金次郎はどこからきたのか・・・金次郎マップ作りたい »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マーケティング・プレイブック | トップページ | 薪を背負う二宮金次郎はどこからきたのか・・・金次郎マップ作りたい »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本