« 運を引き寄せる3つの習慣 | トップページ | マーケティング・プレイブック »

2010年2月17日 (水)

チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展

土曜日、両国の江戸東京博物館に
「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」を観てきました。
中国の古代・騎馬民族の装具や埋葬品、とても立派で
今回は内モンゴルの博物館に収蔵されているもの展覧会
なので、中国の国宝指定にあたる一級文物が多く出品
されていて、とても見ごたえのある内容でした。

◆チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展
http://www.mongolten.com/

歴史のことはよくわかりませんが、古代の人の
良い意味で 飾ろうとする心 がとても伝わってくる内容の
ように思いました。

飾ろうとする心というと 少しいやみな印象ですが、
そうではなくもっと素直な心の表現と感じました。

広大な大地に 眠っていた品々に歴史ロマンも感じました。
おすすめです。

ちなみに、帰り道、家族でご飯と思っていたのですが
冷たい雨が降っていたので駅にあるお店に寄りました。
さすがに子供がいるので居酒屋の「はなの舞」を避けて
隣のお食事と書いてあった「梅乃木」に寄ったのですが、
同じチムニーのグループでお店もつながっていました(笑)

そしてお手洗いに「はなの舞」のほうに行ったら、なんと
土俵がお店の真ん中に作られていてびっくりしました。

国技館にあるのと同じそうで、土俵の上に上ることが
できるようなのですが、やはり女性の方はご遠慮ください
と書いてあり、本式です。

さすが、両国!と思いましたし、その特長をよく出して
いてびっくりしました。お店の前からは想像もできません
でしたが、機会があれば飲みに行きたいと思いました。

でも そういうときは ちゃんこ鍋とかに行ってしまうのかも
しれませんが・・・

« 運を引き寄せる3つの習慣 | トップページ | マーケティング・プレイブック »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 snow始めてコメントさせて頂きます。やすまると申します。
 私は、nobuさんのご紹介で、「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」には16日(木)に観に行きました。騎馬民族の広がりと、紀元前からの歴史、文化の高さ等、発見の連続でした。工芸品の質の高さにも感服しました。
現代は、欧米中心で東洋の歴史・文物は日の目を見ませんが、こうしてご紹介頂くと相当のレベルに有るという事が分かりました。さすが、世界を征服しただけの事は有るんだなあと、納得しました。
 nobuさん有難うございました。

 話しは変わりますが、モンゴルと言えば、7-8年前、私の住んでいる埼玉県狭山市にモンゴル人の家族が一時滞在され、一緒に少年野球チームで活動した事が有ります。期間は約2年前後だったと思いますが。
 ご主人は大学の先生で、その関係で日本に留学されていた様です。騎馬民族の雰囲気は無く、物静かな温厚な学者タイプの方でした。奥さんは、所属チームのお母さん方に、モンゴルの家庭料理を教えて下さいました。
 男の子2人兄弟で、野球はもちろん初めての経験で、運動神経ももう一つで、キャッチボールも上手に出来ませんでしたが、チームの仲間と毎週、楽しく練習していました。帰国時、お兄ちゃんは、帰りたくないと、泣いたそうです。懐かしい思い出です。

●二伸
 nobuさんのブログ「◆日美滴滴」拝見しました。
立派で、ビックリ。品質・相当のレベルですね。

snow
 


やすまるさま

ありがとうございます。
日々コツコツという感じではありますが
ブログご覧いただき コメントも うれしいです。
モンゴル展も楽しんでいただけて 良かったです。

これからも どうぞよろしくお願いいたします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 運を引き寄せる3つの習慣 | トップページ | マーケティング・プレイブック »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本