« 目標の設定と頑張り方 | トップページ | 食堂の配膳係の教訓 »

2010年1月12日 (火)

支援学

MITの名誉教授 エドガー・H・シャインの新著
「人を助けるとはどういうことか」(英治出版)

ここでは、支援を社会秩序を維持する社会経済(social economics)と
日常の社会生活で役割を演じる社会劇場(social theater)という
2つの面から描いている。
経済の面からは、支援はと社会通貨(social currencies)と呼べるし
その通貨のレートのようなものはどのように演じられるかといった
社会劇場内の人間関係によっても左右される。

これを通じて、支援は政府の対外支援やコンサルタントの職務
だけではなくて、身近な生活の中に普通に潜んでいるものとして
理解できますし、支援する者、受ける者の両面から大切なことを
本書から吸収することができます。

何度でも何度でも問いかけて、解を求める。
その真摯な姿勢に応えてくれる名著ではないでしょうか。

« 目標の設定と頑張り方 | トップページ | 食堂の配膳係の教訓 »

★★★―大切にしていきたい本」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目標の設定と頑張り方 | トップページ | 食堂の配膳係の教訓 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本