« 2010年の初夢 | トップページ | 空海 塔のコスモロジー »

2010年1月 8日 (金)

企画書の書き方メンテ

わりと企画書を書いてきたように思うのですが
それはとても幸運に恵まれていたと その機会を
与えてくださった方々に本当に感謝してるのですが

紙にしたことが 実現していく そのプロセスには
いろいろなことがあるけれど ありがたいことと
実感しています。

そんな中、改めて 企画書の書き方の本から
みつけたエッセンスを自分のためにここでご紹介。

■読み手に好かれる文章の条件
①箇条書きにする(優先度の高いものを数列)
②一文を短くする(ひと息に読めるくらいの長さで)
③ひとつの文章に2つの意味を含ませない
 (あいまいな表現や二重否定など)
④キッパリと言い切る(自信のない表現は逆効果)
⑤難しい表現をしない(理解しづらいと解釈に差が出る)

■最終仕上げのチェックポイント7
①論理的であるかどうか
②わかりやすいかどうか
③誤字・脱字がないか
④言葉は統一されているか
⑤メリハリがあるか
⑥図表にできるものはないか
⑦文章を短くすることは可能か

つい忘れがちなのですが、意識してると
いい内容と思います。


「企画書」の基本&書き方がイチから身につく本
井徳 正吾


« 2010年の初夢 | トップページ | 空海 塔のコスモロジー »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010年の初夢 | トップページ | 空海 塔のコスモロジー »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本