« 食堂の配膳係の教訓 | トップページ | 祖母が話してくれているように感じた1冊 »

2010年1月15日 (金)

重森とあったので・・・

著者の名前に 重森とあったので・・・
手にしてみました

図解雑学 日本庭園


著者の重森千靑 (しげもり ちさを)さんは、作庭家の重森三玲の
孫にあたるかたでした。

ちなみに重森家、三代にわたり作庭家ということで すごいです。

さて、この本、ナツメ社のシリーズなので 当然ですが
とてもわかりやすくて、これを手に日本全国の庭をめぐりたく
なりました。

実際内容も、身内の作品の紹介というわけでなく
幅広く、日本庭園の歴史をたどっていて、真面目な作りです。

日本庭園がお好きな方で ビギナーという方には
お勧めの1冊です。

« 食堂の配膳係の教訓 | トップページ | 祖母が話してくれているように感じた1冊 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食堂の配膳係の教訓 | トップページ | 祖母が話してくれているように感じた1冊 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本