« ワインの隠し場所 | トップページ | コンクリートから素材へ »

2009年12月28日 (月)

年の瀬ですね、お供えのお餅のこと

年の瀬です。夕方自転車をこいでいたら
近所の町工場で、もちつき大会をしていたのでしょうか
臼や杵の片づけと、お雑煮を食べている光景を
みました。

寅さんに出てくるタコ社長の印刷会社ではないですが
こんな世界があるんだなあ と普通のサラリーマン
としてはうらやましくも思うのですが そういえばと急きょ、
予定をかえて、お正月のお供えの鏡餅を買いに
いくことにしました。

我が家は、玄関と神棚はないのですが、お札などを
置いている2か所に毎年、お供えを置きます。

そして、ケチな性分で、スーパーなどになる豪華な
飾りのついたのは買えずにシンプルなのを買って
あるときは丸餅がたくさん入っているのを買ってきて
大小を組み合わせて、お供えにしたこともありますが
最近、なかなか丸餅は売っていないので、

スーパーのプライベートブランドで売られているのを
発見しましたが、あまりにも均一なサイズでこれは
断念、

商店街をぶらーっと自転車でしてみると
普段、団子や草もち、大福などを売っている
お菓子屋さんに発見しました。

カウンター兼ガラスケースとなっている中に
1寸、2寸・・・ と そこで一番小さいサイズの
1寸のを2個買いました。1個220円で合計440円。

スーパーにあるものよりは少し安めでラッキーと
思いつつ、その後も本屋めぐりなどをしたのですが
ふと餅を触ってみると、まだ柔らかくて モチモチと
いうか ふわっとしていて、普段、硬い切り餅の
イメージしかなかったのですが

これを このまま食べてしまいたいという
衝動にかられました もちろん、そんなことは
せずに、実際、焼いたり似たりしないで食べれるのか
わからないのですが、無事、自宅に持ち帰り
とても簡単ですが、玄関とお札の前に飾りました。

このお餅が うまく鏡開きまで カビとかつかずに
その後、カリカリに乾かしてフライにすると
たしか おかき ができあがるのではないかと
思います。

お正月のその先まで 楽しみはお預けですが
お正月を楽しむだけでなく、そのあとにも
楽しみをとっておいてくれる お餅に感謝しつつ
年末年始の息災を祈りました。

« ワインの隠し場所 | トップページ | コンクリートから素材へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワインの隠し場所 | トップページ | コンクリートから素材へ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本