« こころから感動する会社 | トップページ | 七五三は大変だ。。。 »

2009年11月10日 (火)

田中一光の言葉

MUJIの本の中に、田中一光の言葉があって
とても感動的でした

「簡素が豪華に引け目を感じることなく、その簡素な力に
秘めた知性なり感性なりが、むしろ誇りに思える、そういう
価値体系をもっと世界に発信できれば、もっと少ない資源
で美意識や豊かさを謳歌できる」

これは、
「無印良品が大切にしているたった一つの考え方」
国友隆一著

にあったのですが、まあベタホメ感は本の性質上
ありますが、それを割り引いても、PBが頑張っていたり
ユニクロなどとの比較という意味では、常に基本となる
MUJIのように思うので、やっぱりこれからもがんばって
欲しい企業でありますが、

ただ 消費者が消費に疲れている そんな状況が
いまの日本にはないかと感じるときがあります。
消費して ちゃんと 喜べる そしてその対価を支払う
そんな当たり前のことも とても難しくなっている

ライフスタイルを消費者が見直した先にも
無印良品が評価される そうした商品開発をして
もらいたいなあ・・・と脈絡なく思いました。

« こころから感動する会社 | トップページ | 七五三は大変だ。。。 »

★―読んでみたものの・・・」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

今日出会った言葉」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こころから感動する会社 | トップページ | 七五三は大変だ。。。 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本