« こころを動かすマーケティング 魚谷雅彦著 | トップページ | 庭が欲しい・・・ »

2009年9月23日 (水)

観点変更 今中博之著

アトリエインカーブの今中博之氏の
本を読んで 感動しました。

以前、新聞に紹介記事が出ていて
その内容から、ぼくがしたいことの一つを
されていると思って それから何も行動を
したことはなかったのですが、著書が出て
いて手にとりました。

「観点変更」

この本の中で、ご自身が障がいを持たれながら
広告会社で働くまでの道のり、

作品を作る障がい者の方との出会いから、
社会福祉法人の立ち上げやその後
といった今中氏の気持ちや考えがよく書かれて
いるように思いました。

それは、ただ良いコトとしての社会福祉でもなく
美しいモノとしての芸術でもない

それぞれを包含する社会全体や人間の生き方
にだって関連していく根柢の思想のような
ものがあるとは思うのですが、そこまでは
ぼくも深堀せず、あえて読み進めずですが・・・


しっかりと向き合い思想し
がんばってる姿を感じました。

そもそも、障がいをお持ちの方が作った
作品に何かしらを感じる人が多いのは、
そうした姿勢を感じることと似ているのでは
ないかと思います。


さいごに感じることは、
おそらく障がいの有無はないのでないでしょうか。
ある、なしにこだわらずに、普通に生活できたり
努力が必要だったりと、その暮らし方が、
一方通行ではない、そうした社会が出来れば
いいし、その厳しさもふくめて、誰もが
包摂しながら、支えあえるようなそんな
ことが意識できればいいのかと感じました。

« こころを動かすマーケティング 魚谷雅彦著 | トップページ | 庭が欲しい・・・ »

★★★―大切にしていきたい本」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こころを動かすマーケティング 魚谷雅彦著 | トップページ | 庭が欲しい・・・ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本