« 小山登美夫の何もしないプロデュース術(小山登美夫著) | トップページ | 小堀遠州 »

2009年9月 2日 (水)

オール1の落ちこぼれ、教師になる(宮本延春・著)

かなり前にベストセラーだったようなのですが、
私立豊川高校の教諭、宮本延春さんの
「オール1の落ちこぼれ、教師になる」を読みました。


ご本人もすごいとは思いますが、宮本さんの定時制高校の
通学から、大学受験を支えられた、工務店の方々や
学校の先生、彼女の方とかすごいと思いました。

普段、なんとなく理由のない上昇志向に身をおいてしまって
いる自分(たぶんですが)が、見過ごしてしまっている
世界に、しっかりと頑張っていらっしゃる方がいる
(並大抵のことではないはずですが)

また、様々な境遇を抱えながら努力されている方がいる
ということは、忘れてはいけないし、ついついないものねだりを
して、努力しな傾向が自分にはあると思うので
これはいけないと思いました。

私立で定時制がある、豊川高校にも興味を持ちました。

■豊川高校
 http://www.toyokawa.ed.jp/teiji/index.html

今回の総選挙ではないですが、世襲や格差といったことへの
問題意識も必要だと思いますが、

常に、誰もが貴重な人材になりうること、そしてそのための
努力はいつからでもできることを なんとなく大切にし、
支えにしていきたいと感じています。

« 小山登美夫の何もしないプロデュース術(小山登美夫著) | トップページ | 小堀遠州 »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小山登美夫の何もしないプロデュース術(小山登美夫著) | トップページ | 小堀遠州 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本