« マクドナルドのバラ色Tシャツを着て歩くプロモーション | トップページ | 小川糸さんの「喋々喃々」 »

2009年7月 5日 (日)

手作り望遠鏡で 月を観ました。

今日の夜は 月がきれいに出ていて
子供が寝る前に 近くにある運河に行って
この前 作った望遠鏡 で みてきました

せっかく取り寄せて 作ったのに
晴れなかったり、僕の帰りが遅かったりと
出番がなかったのですが
やっと息子と観に行くことができました

雲の流れは速く たまに明るい月に
淡い虹のような霞が 月に照らされていたり
しましたが

とてもよく綺麗に見えました

望遠鏡のレンズの調子も良いようでした。
ただ 満月の明るさを考えると
もう少し暗いほうが目には優しい感じが
するので 本当はキャップがあっても
いいのかもしれませんが

月がレンズの中で浮かんでいるような
そんな雰囲気でした

ちなみに 明るい恒星もみてみましたが
こちらは赤い宝石といった感じでした

さて、日食の話題もあり、よく子供たちが寝るときに
イケアで買ってきた 電池式の鳥のランプを
太陽に見立てて、

地球儀をおいたり、おもちゃのボールをおいたりして
太陽系の話や 地球と月の話などするのですが

(だいたい子供もわからず 僕もうるおぼえで・・・)

それでも子供たちが寝る前に 6畳一間の実験室が
できあがります。

そんな中で、やはり知識がないと思って
国立天文台の渡部潤一さんが書いた

「夜空からはじまる天文学入門
 ー素朴な疑問で開く宇宙のとびらー」

を読んでみました。書かれている内容を覚えるわけには
いきませんが、星空を見上げた時に ポツリと語れたら
いいような お話が書いてあって

難しい本かと思ったのですが、そんなこともなく
“夜話”といったテイストです。

こんな時代ではありますが、日食やガリレオの望遠鏡観測
から400年の国際天文年の今年、

経済のための環境ではなくて、もっと自然と親しんだり
星空から いろいろなことを学んだり、想像を広げたり
そうした豊かな土壌を獲たいと感じます。

そしてそのことが、大人の一つの役割のようにも
思います。

キャンドルナイトをしてみた、電気を消してみた
そのあとに手にするものこそ、これは星だけには
限りませんが、そう思いました。

あ そういえば そろそろ日食グラスを用意せねば・・・

会社休めるのかな・・・ その前に晴れるのかな・・・

« マクドナルドのバラ色Tシャツを着て歩くプロモーション | トップページ | 小川糸さんの「喋々喃々」 »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マクドナルドのバラ色Tシャツを着て歩くプロモーション | トップページ | 小川糸さんの「喋々喃々」 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本