« 人声天語 | トップページ | 消しゴムを手にしたとして・・・NPOとファンドレイジング »

2009年4月27日 (月)

世界経済危機 日本の罪と罰 (野口悠紀雄 著)

野口悠紀雄氏の
世界経済危機~日本の罪と罰~ を読んだ。


手にするには遅いのかもしれませんが、
サブプライムやリーマンショックのおさらいと、
何よりも日本経済の本質的な弱さが丁寧に語られていて、
良い印象を受けました。

一方で、食料自給率や農業の問題は、経済学の基本や原則
から大胆な提言をされていますが、

どことなく、そうした基本や原則と思ってある意味信じた
市場経済にほころびが見える中で、変われぬサガと言うか
大きく舵を切るための決断をするにはもの足りなさを感じ
ました。

また、エコノミストとしてそのように論じている姿と
そもそも現在の経済を形成してきた結果が、どことなく
同質のように思えました。

いずれにしても、こういう状況だからこそ、大胆な提言を
しっかりと聞き、またその後の注視も必要だと思いますが、
しっかりと大地と手を交えている人の話ももっと聞かなく
てはと思いました。

おそらく、あいがも農法をやり続けてもダボス会議には
いけるのです。通じるものはあるはずですが、
それが何かといった本質を見極める作業が、いまの私たち
には課せられているように思います。

言葉があるかどうかわかりませんが、
経済を創造する、単純なビジネスを作るといったことに
終わらずに、社会の様式を創っていく、そうしたことへの
考察が必要なのだろうと思いました。

「創造経済学」とでもいうのでしょうか・・・。

巻末にある、これからしばらくの投資についての考察では、
教育への投資、自分自身への投資が一番であろうと
説かれていました。

それはいつの時代にも・・・ではありますが、
結局、アテになるのは自分ということで、これからも
いろいろな場面で勉強ができればと思います。

« 人声天語 | トップページ | 消しゴムを手にしたとして・・・NPOとファンドレイジング »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人声天語 | トップページ | 消しゴムを手にしたとして・・・NPOとファンドレイジング »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本