« 広告の姿をしる1冊 | トップページ | イヴの日に »

2008年12月24日 (水)

ママであることや パパであること

子育てに悩んでいる方がいれば
おすすめの 読みやすい本をみつけました。

ママのためのシュタイナー教育入門
ドリース・シューラー著

ドリース・シューラーは ドイツのシュタイナー学校で
先生をしているかたのようです。

さて、この本の終りに、著者は 母親を灯台のような
ものではないかと書いています。

抜粋しますが
--------------------------------------------

わたしはお母さんを、灯台にたとえるのが好きです。
灯台は、まっくらなときに活躍しますね。
でも灯台は、動けません。
(中略)
わたしがわたしとして大切だと思うことを
日々のなかで守っていくなら、
いつかこどもが本当に暗闇で迷ったとき、
その灯を見つけてくれるかもしれません。
その光は、自分の内側からやってきます。
どこかの偉い人の灯を、自分の灯のように、
示すことはできない。

--------------------------------------------
いい言葉だなあと思いました。

さて、どこの国でもそうでしょうが、日本の子育ても大変だと思います。
とくに男女共同参画やワークライフバランスと叫びながら
その政策はある一部のエリート層の女性にしか微笑まずに、

実際は、
仕事を一度やめてしまうと社会や会社への切符を失って
しまうような状況のなかに子育てと女性を追いやってしまい
とても窮屈なものになってしまっている。

そんなふうに思います。いつかしっぺ返しがくるに違いないと。

この本を読みながら、母親でいることや父親でいることの
あり様について考えさせられました。

普段、子育てしながら どうしても忘れてしまいそうなことで
ありますが、父親でもいいんだし、母親でいいんだよ
そして こんなことを気にしてみたら?と語りかけたり、
語りかけられることが、欠かせないし大切だと感じました。

子育ては、自分が育つ行為だと 僕は思っています。

« 広告の姿をしる1冊 | トップページ | イヴの日に »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 広告の姿をしる1冊 | トップページ | イヴの日に »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本