« 京急がんばれ & がんばれ京品で働くみなさん | トップページ | フェルメールの魅力 »

2008年11月23日 (日)

反省の作法

致知出版からでている
京セラの稲盛和夫さんの

「成功」と「失敗」の法則

読んでみて 役立ったのは、ご自身がモノゴトの反省をされている
ときの様子を書かれている場面があり、これほどの方になられても
とも思いますが、そのことがとても大切であると感じました。

いろいろな成功法則の本がありますが、そうしたものとは違う、
素直で簡素だけども、大切なことが書かれている、そう感じるのは
やはり、根底に反省の大切さが強く書かれているからと思います。

よろしかったら、書店で少しページをめくってみてください。

« 京急がんばれ & がんばれ京品で働くみなさん | トップページ | フェルメールの魅力 »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京急がんばれ & がんばれ京品で働くみなさん | トップページ | フェルメールの魅力 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本