« プライベートエクイティ6つの教訓 | トップページ | 反省の作法 »

2008年11月19日 (水)

京急がんばれ & がんばれ京品で働くみなさん

誰の小説だったか
京急の赤い電車を毎日みていると
その沿線から離れられなくなる
といった一文が書き込まれていて

確かに毎日乗っていると
それもそうだなあ・・・と思う

きっとそれぞれ私鉄沿線にはそんなふうに
感じさせてくれるものがあるのではない
でしょうか

ネットニュースや新聞で

・京急の駅メロがいくつか決まったり
 なんだかジャンルがハチャメチャですが(笑)

・JTBとカーボンオフセットがついたマイバックを
 販売してみたり

なんだか話題になりそうなことをやってます。
鉄道など硬い会社に思えるのですが、どういった部署で
考えて、実施してるのでしょうか。

また、会議風景など なんだか面白そうです。


◆駅メロの一覧

品川
赤い電車
羽田空港駅で採用する「赤い電車」を別アレンジにて使用します。また、羽田空港駅行列車到着時に流れる案内放送に空港ターミナルで広く使用されているチャイム音を使用します。

青物横丁
人生いろいろ
品川区出身である島倉千代子さんの代表曲

立会川
草競馬
立会川駅近くにある競馬場(大井競馬場)を連想させ、誰もが聞いた曲である

平和島
いい湯だな
都内の温泉施設のさきがけとなった平和島温泉をイメージさせるデューク・エイセスの楽曲

京急蒲田
夢で逢えたら
ラッツ&スターのメンバー(鈴木雅之さん・桑野信義さん)が大田区出身であり、ラッツ&スターの代表曲

羽田空港
赤い電車
羽田空港からのアクセスを意識した歌詞が含まれ、従来から空港駅の曲として親しまれている。なお、楽曲の制作にあたり、くるり・岸田さんに譜面を書き起こしていただきました。

京急川崎
上を向いて歩こう
川崎生まれである坂本九さんの、世界的に有名な曲

横浜
ブルーライトヨコハマ
横浜の代名詞ともいえる曲で、老若男女問わず馴染め、親近感をもってもらえる

上大岡
夏色
地元出身のアーティスト、ゆずのデビューシングル

金沢文庫
MY HOME TOWN
金沢文庫出身の小田和正さんが生地を想い、歌った曲

金沢八景

EXILEのリーダー、HIROさんの母校が金沢八景にあり、「卒業」をテーマとして親しまれているEXILEの楽曲

新逗子
LIFE
逗子出身話題のアーティストであるキマグレンのヒット曲

横須賀中央
横須賀ストーリー
山口百恵さんが、横須賀を歌った著名な歌

堀ノ内
かもめが翔んだ日
横須賀・堀ノ内出身の渡辺真知子さんが歌った有名な曲であり、また駅ホームから、わずかだが海が望める

浦賀
ゴジラのテーマ
たたら浜(観音崎)にゴジラが上陸したことに由来

京急久里浜
秋桜
くりはま花の国のコスモスを連想させる、さだまさしさんと山口百恵さんの著名な曲

三崎口
岬めぐり
三浦半島(三崎地区)が舞台となった山本コウタローとウィークエンドのヒット曲

ちなみに、京急とは関係ありませんが、品川駅前にある「京品ホテル」
みなさんがんばっていらっしゃいますね。
ガイヤの夜明けでも特集されていました。
一度、ほかのホテルにセミナーを聞きに行った帰りに集会を
されていて、まだ発覚した当初でしたが、なんだろうと思いつつ
冬を迎えるまで、がんばっていらして
テレビでみていても、ご苦労があるからこそホスピタリティって
生まれるのかとおもいました。

あの地域には名門ホテルもたくさんありますが、
その地域にかかわらず、ホテルマンたちの良心のよりどころのような
何か象徴的な場所として、とらえることはできないかと
思ったりしました。

ホテルの再生では、このブログでも書籍を紹介した洞爺湖の例もあります。
もちろん、売却後の青写真にホテルはなかったのでしょうが・・・。
身近なことから 学ばせていただくことは多いと
思いました。

« プライベートエクイティ6つの教訓 | トップページ | 反省の作法 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プライベートエクイティ6つの教訓 | トップページ | 反省の作法 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本