« 美術館は誰のものか:美術館と市民の信託 | トップページ | 起業と資金調達 »

2008年10月27日 (月)

板谷波山の魅力

日曜日、出光美術館に期日が最終日となった、
「近代日本の巨匠たち」を観にいきました。
収蔵作品でどうにかできてしまうので、企画展という
には目立たない存在だったかもしれません。

さて、その中で、板谷波山の作風にびっくりしました。
以前、同じ出光美術館でみた板谷波山の作品は
何か張りつめた緊張した面持ちだったのですが
今回展示されていたものは かわいらしいものが
多くありました。

淡いブルー地に動物や植物が淡い雰囲気で
描かれている焼き物たち。

それでいて、すごく完成されているのです。

あまり期待せずに出かけたのですが
良かったです。大きな収穫となりました。

1人の作家の様々な面を見せてくれるのも、
コレクションを定期的に展示替えできる私設美術館の
魅力かもしれません。

もちろん、そのコレクションが質・量ともになくては
いけないのですが・・・。

« 美術館は誰のものか:美術館と市民の信託 | トップページ | 起業と資金調達 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美術館は誰のものか:美術館と市民の信託 | トップページ | 起業と資金調達 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本