« A4脳 | トップページ | 幼稚園の運動会 »

2008年10月13日 (月)

ワークショップコレクション2008に行ってきました(10/12)

12日の日曜日、三田の慶應義塾で開かれていた

こどものためのワークショップ博覧会
ワークショップコレクション2008
http://www.wsc.or.jp/index.html

というイベントに行ってきました。

主催は
・NPO法人CANVAS
 CANVASホームページ http://www.canvas.ws
・慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(DMC機構)
 DMC機構ホームページ   http://www.dmc.keio.ac.jp/

まあ子供のための学園祭という感じなのですが、
大学の研究者の方や、学生さんであったり、NPO、企業
という様々な枠組みで、その専門性を活かした
ワークショップをやってくれていて、子供と楽しませて
もらいました。

また、どうしてそのワークショップを子供むけにやっている
のかといったお話や、このアイデアを市場で活かせるかも!
といったお話を、そのワークショップを出展されている方々
とお話ししてみると、とても面白かったです。

昔みていた夢、どこかにくすぶっている想い、これからの
ビジョン、そうしたことを、実は子供を介在させながら
親にも考える機会を与えてくれているように思います。

もちろん、ワークショップだから何でもよい題材というわけ
ではなくて、子供に何を与えるかは選ぶべき点もある
と思いましたが、

ただ、子供を通じて、研究者も親もいろいろな考察を
深めることができると思いました。


【実際に参加してみたワークショップ出展者リンク】

・慶應義塾大学DMC機構
 ミュージアム・コミュニケーション・チャンネル・プロジェクト
 http://museum.dmc.keio.ac.jp/

・ふりーえほん
 http://freeehon.web.fc2.com/

・デジタルミュージシャン・ネット
 http://www.digitalmusician.net/misc/static-pages/preview/jp/

その他

みなさん ありがとうございました。

追伸:
とくに若い研究者や院生の方をみていると、こうした皆さんが
次の時代をつくるのかなあ・・・と期待を感じました。
一方で、サラリーマンもそした研究機関への支援や協賛を
お金でしていたら、会社で働いている人にとってはつまらない
のではないかなあ・・・とも思いました。
どんなことでもいいので、サラリーマン自身が、動こうと
サラリーマンながら思ったのでした。 

« A4脳 | トップページ | 幼稚園の運動会 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« A4脳 | トップページ | 幼稚園の運動会 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本