« ずぶ濡れになった花火大会 | トップページ | あなたのUSBメモリ »

2008年8月17日 (日)

どんなときに何を読んだかということ

経営者80人が選ぶ「わが1冊」―仕事の指針、心の特効薬

を読んでみて なるほどと思ったのは
この本自体は、プレジデントに掲載されたものを
再収録した本のようですが、

経営者の方がその本を薦める際に、
「自分がこんなときに・・・・」「こうしたときに・・・・」
といったことが語られていたり、

「誰が薦めてくれて」といったことが、語られていて

結局はその人にとって良書との出会いは、
その本を必要とした度合によるのではないか
といったことを思いました。

もちろん、たくさんの読書数を目指す、読書法を
否定するわけではありませんが

僕自身できればたくさん読みたいと思っている
のですが、

どうもそれも、自身にとって必要な時に、
渇きをいやしてくれるような、良書と出会うための
準備体操のような、そんなものではないかと
感じました。

ちなみに、この1冊をながめるだけで
80人が選んだ 80冊のおおよその内容を知る
ことができるので お得でした。

« ずぶ濡れになった花火大会 | トップページ | あなたのUSBメモリ »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ずぶ濡れになった花火大会 | トップページ | あなたのUSBメモリ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本