« 訃報から | トップページ | 似ているのか、似ていないのか (アートと経営) »

2008年8月28日 (木)

仕事道楽

ジブリの鈴木敏夫プロデューサーの著書
「仕事道楽」(岩波新書)を読んで
2つのことが印象的でした。

ひとつは、
鈴木氏が共に仕事をする宮崎駿氏と高畑勲氏
との関係において、尊敬でなく信頼をその
絆の要素としているということ。

誰でももし、仕事仲間とそうした強固な
関係を築いて仕事ができたら嬉しいのでは
ないでしょうか。

そうした相棒とも言えるパートナーは
そう何人も得られないかもしれませんが、
とても憧れます。

もう一つは、スタジオジブリに関係する
徳間書店の徳間康快のお話。
間近にいらした鈴木氏が語るエピソードの
数々は、とても興味深かったです。
僕にはこちらが主題ではなかったか、
氏にたむけられた鎮魂であるようにも
感じました。

« 訃報から | トップページ | 似ているのか、似ていないのか (アートと経営) »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 訃報から | トップページ | 似ているのか、似ていないのか (アートと経営) »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本