« 人生という名の手紙 | トップページ | 文明の危機ということ »

2008年8月25日 (月)

視野の狭さを痛感

図書館で本を読んでいると
閲覧机の前に座った学生さんが
(就職活動用の本を読んでいたので)
広告の入ったルーズリーフを
広げていました。

ちょっとのぞくと、そのリーフには
「ecofull」とロゴが入っていて
リーフの下段に生命保険やら
何やらの広告が刷られています。

コピー用紙の裏面に広告が入るの
あったなあ~と思いながら、

ecoの割りにecoではないのでは?

と思いつつ 僕自身のビジネス
コンセプトの中に、学生とか学校
というカテゴリがまったくなかった
なあと痛感。

そういえば、一昨日、学生の方と
飲んだのに・・・

すぐに何かを儲けよう!という
訳でもないし、産学連携をどうこう
というわけではないのですが、
視点の一つをキャンパスにおいて
おくと広がりは持てるのではないか
と思いました。

ecofullよりも もっとecoな
広告手法はたくさんあると思いますし
これが、キャンパスでしか受け入れ
られない

おそらく社会でやるには、もっと
ecoな部分がないと評価されにくい
のでは・・・

と考えながら
何かできることはないか?
とも思うのでした。

■ecofull
http://www.ecofull.jp/

■株式会社 全立
http://zenritulooseleaf.hp.infoseek.co.jp/

« 人生という名の手紙 | トップページ | 文明の危機ということ »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生という名の手紙 | トップページ | 文明の危機ということ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本