« 名作はいつもアイマイ | トップページ | 白洲正子の宿題 »

2008年7月24日 (木)

アート・マーケティング

最近、大学の新設学部に アート経営 などの
学科が目立ちだしたと、何かで読んだ記憶が
あるのですが、

個人的には、アート・マーケティングの分野で
何かできないかなあと思ったりしています。

単純に、絵やクラシックが好きで、自分では
できないけど、関わりは深めていきたいと
いうことで そんな風に思うのですが、

おそらくこの分野、アーティストの数に
比べ、愛好家が少ないのではないかと
思うことがあります

その割りに、美術展のチケットは
高いように思うし、まあ、東京を例にとれば
こんなにいくつもの美術館で、企画展が
頻繁に行われている国も珍しいのかも
しれませんが、

一方でそれは なかなか良いコレクション
を最良のカタチで公開していくことが
どうも上手くできてはいないのではないか
と感じることもあります

どうやら、適正な価値を適正に発信も
受容もできないままにいる

だからこそ、愛好家が増えていかないのでは
ないかと思うのです

よく感じるのですが、美術展のチケットと同じ
お金で もし絵を買おうとすると
とても真剣に絵をみるものです。

なかなかまとまらないのですが、
ゆっくりこの分野を勉強できればということで、
手にした参考図書は次のとおり

読書とは別にでも、何かできることがあれば
手当たりしだい やってみたいなあと思う
この頃です。

(参考書)
現代アートナナメ読み 今日から使える入門書
著者: 暮沢 剛巳

アーツ・マーケティング入門―芸術市場に戦略をデザインする
著者: 山田 真一


« 名作はいつもアイマイ | トップページ | 白洲正子の宿題 »

★―読んでみたものの・・・」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 名作はいつもアイマイ | トップページ | 白洲正子の宿題 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本