« 絵を買う時に考えること | トップページ | 勝間和代さんの本がもらえる新手のキャンペーン »

2008年7月 1日 (火)

塀の外と中

泉井純一氏の「夢のまた夢―ナニワのタニマチ」を
読んだ。

事件のことは、そういえば・・・程度の記憶しか
ないけれど、政界の人間関係とか タニマチらしさ
みたいなものをいろいろと垣間見れておもしろい。

また、塀の中の様子や そこにまつわる人間模様
などの中にも、勉強になることはあると思いました。

とくに、勢いを失った時の視点から周囲の人間を
みると、よくその資質がわかるという点、なるほど
と思います。

それにしても、手記が億単位で買い取られたりと
スゴイです・・・。本当にそんなことがあるんですね~。

« 絵を買う時に考えること | トップページ | 勝間和代さんの本がもらえる新手のキャンペーン »

★―読んでみたものの・・・」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 絵を買う時に考えること | トップページ | 勝間和代さんの本がもらえる新手のキャンペーン »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本