« 中国の古典を人生と暮らしに活かす | トップページ | アート・マーケティング »

2008年7月23日 (水)

名作はいつもアイマイ

西川美和さんの
「名作はいつもアイマイ 溺レル読書案内。」

なかなかいいです。有名作家のタイトルしか知らなかった本の
あらすじと、その一部分が収録されていて なるほどおと
うならされます。

とくに各作品の前段に書かれているあらすじが、その後の
文章をよむ楽しみを引きたててくれていて

あいまいかどうかは わからないのですが 名作にはある種の
艶があるのかなあ などと思いました。 

« 中国の古典を人生と暮らしに活かす | トップページ | アート・マーケティング »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の古典を人生と暮らしに活かす | トップページ | アート・マーケティング »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本