« <自由>の条件 大澤真幸著 | トップページ | 日本民藝館へいこう »

2008年6月 2日 (月)

鍋島と柿右衛門

出光美術館(有楽町)で開かれていた

柿右衛門と鍋島―肥前磁器の精華―展 に

行ってきました。

おそらく、あまり好きではない方でも
本物の器をみると、うわぁーとうなって
しまうのではないかと思うほど

均整のとれた、美しい器たち
観ていて、とても嬉しくなりました。
言葉で鍋島と柿右衛門を表現すると

にじむような赤が鍋島で
くっきりした赤が柿右衛門 という

感じかな・・・と思いながら

何度もぐるぐる観てしまいました。

一度、観光で有田を訪れた際に、
今右衛門の窯を拝見したことがあるの
ですが、その時の思い出から、どうしても
柿右衛門よりは今右衛門が好きで
その意味では鍋島派なのかもしれませんが
いつか柿右衛門の作品も欲しいなと
思うこの頃です。

« <自由>の条件 大澤真幸著 | トップページ | 日本民藝館へいこう »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« <自由>の条件 大澤真幸著 | トップページ | 日本民藝館へいこう »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本