« いまの時代を一言で表現するならば・・・ | トップページ | 写真がおちゃめ  北欧デザイン手帖 »

2008年6月13日 (金)

東京島

桐野夏生さんの新刊、話題作
「東京島」を読んだ。

内容は、いろいろな書評に詳しいと思うので
感想のみをと思いますが、とても楽しかった
です。

そして、常に性を意識させる内容ではある
のですが、一方で、書名にある「東京島」に
注がれる日差しや風のにおい、そうした
もろもろを読む人にイメージさせる文体は
魅力ですし、

何よりも人々の営みも欲求もそのままに
描写しながら、美しく心地よい読後感を
与えてくれるのはなぜだろうと思います。

個人的な解はまだまだでませんが
とりあえず一気に読めて、面白いので
おすすめです。

« いまの時代を一言で表現するならば・・・ | トップページ | 写真がおちゃめ  北欧デザイン手帖 »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いまの時代を一言で表現するならば・・・ | トップページ | 写真がおちゃめ  北欧デザイン手帖 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本