« チベット<精神による統治の行方> | トップページ | CSRを整理したいときに »

2008年6月25日 (水)

詩集を読んでみる

詩を声にだして 読んでみるのもいいもので

大岡 信さんの詩集 「鯨の会話体」をめくりながら

弔辞のような詩も多いわけですが、

じっくりゆっくりと たまに読めない漢字がでてきて
つっかえるのですが(笑)

そんな時間も素敵かと思いました。

« チベット<精神による統治の行方> | トップページ | CSRを整理したいときに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

大岡 信さん、業界の重鎮ですね
”弔辞のような詩”に(-∀-)ニヤリ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チベット<精神による統治の行方> | トップページ | CSRを整理したいときに »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本