« ウィリアム・モリス | トップページ | 起業による価値の創出 »

2008年6月10日 (火)

森山大道の写真展に行ってきました。

友人から招待券をいただいた森山大道展、
東京都写真美術館に行ってきました。

招待券と一緒にいただいていたチラシの
作品を見る限りは、くらっぽい感じだなあ・・・
という程度の意識だったのですが

それは森山氏がどんなにスゴイ人であっても
作品の印象としてはということなのですが

実際に展示を拝見して、2つのことを感じました。

1点目・・・
1970年代の新宿や、それよりも前の北海道を
撮影した作品から、日常、目にしているものの中から、
あなた(自分なら)は何に視線を注ぐのか?という
メッセージであり、

もう一つは、ハワイを題材とした展示作品群の中で
森山氏がハワイを巡り撮影している様子の映像と
作品が音楽と共につづられるものだったのですが、
修学旅行生がカメラをパシャパシャするように
手当たり次第シャッターを押しているように見えて、
それにも関わらず、出来上がった作品はすごく
完成されていて、スゴかったです。
僕もデジカメでいいので、こんな風にスタイルだけ
でも真似てみようと思うのでした。

ちなみに、金曜日の夕方に美術館に行ったのですが
結構、人がいて、写真の人気は衰えていないなあと
感じたりしました。

それと、好みはある程度尊重しながらも、
あまり気にせずに、作品を観てみると、結構、色々な
ことを学んで、素敵な機会を与えていただいた
友人にも感謝です。

◆森山大道オフィシャルサイト
http://www.moriyamadaido.com/

« ウィリアム・モリス | トップページ | 起業による価値の創出 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィリアム・モリス | トップページ | 起業による価値の創出 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本