« 味噌の本 | トップページ | 画廊の夜会 »

2008年5月31日 (土)

柳田國男の世界観

民俗学のことに詳しくないので、なんとも言えま
せんが、

ちくま日本文学の「柳田國男」に収められている
「故郷七十年 抄」を読んで、

その家の歴史や家族のあり方などから、
世界感が築かれていくことを感じました。

« 味噌の本 | トップページ | 画廊の夜会 »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 味噌の本 | トップページ | 画廊の夜会 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本