« 苫米地さんスゴイ・・・ | トップページ | 本の中身を地で行く著者の売り方 »

2008年5月26日 (月)

BINGATAYAのショップカード

図書館で返却されてきた本が一時的に置かれている
棚があって、柳宋理の「エッセイ」という本が目に入った
ので、手にとりましたら、白地にピンクの文字で
「BINGATAYA」と入ったショップカードがりました。

なんかおしゃれだなーこのBINGATAYAとは?
ということで、しおり代りにつかったカードのことが
気になり、その柳の本も借りることにしました。

誰が借りていたんだろう・・・なんてことも気に
なりますしね。

本よりも、栞で選ぶ本というのは不思議ですが
そんなことがあるのも、図書館や古書店などの
楽しみかもしれません。

ちなみに、BINGATAYAをネットで調べてみると
そのページには、

BINGATAYA(地下鉄 青山1丁目駅)
http://www.bingataya.com/

「デザイナーが手掛けるオリジナルアイテムを
中心に、選び抜いた和紙と国内外の
ステーショナリーウェア、そしてカフェを融合させた
新しい形のオンリーショップです。
《和の素材とヨーロッパのデザインの
コラボレーション》をコンセプトに、全てのアイテム
に通じて伝統と新しさを創造し取り揃えています。」

だそうで、なかなかいいコンセプトだなあ~と
思いました。

ちなみに、経営は美術系ポストカードなどを製造
している株式会社エヌ・ビー・シーという会社で
美術館のミュージアムショップなども運営している
ようです。

株式会社エヌ・ビー・シー
http://www.nbcinc.co.jp/

なんだか不思議な発見でした。

« 苫米地さんスゴイ・・・ | トップページ | 本の中身を地で行く著者の売り方 »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 苫米地さんスゴイ・・・ | トップページ | 本の中身を地で行く著者の売り方 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本