« 無常を輸出してみたら・・・ | トップページ | 学芸会の記憶 »

2008年5月10日 (土)

建築家ライトの国内作品―ヨドコウ迎賓館

建築家 フランク・ロイド・ライト(1867-1959)って
大政奉還の年に生まれているんですね、何か
歴史的なものを感じますが、

ライトの現存する日本国内作品は

1912年 東京 帝国ホテル
1917年 東京 林愛作邸 → 帝国ホテル支配人
1918年 芦屋 山邑太佐衛門邸
1921年 東京 自由学園

のみだそうです。

そのうち、山邑太佐衛門邸は現在は、
ヨドコウ迎賓館として保存・公開されているのですが、
WEBサイトをみてよく運営されているとと感じました。

ちょうど手にした本の中に、旧山邑邸の保存・修復・
阪神大震災による修復、の経緯が記されていて、
恵まれた歴史建築とも思いました。

ヨドコウ迎賓館
http://www.yodoko.co.jp/geihinkan/index.html

神戸に行くことがあったらぜひ行ってみたいです。
もちろん、まだ都内にある自由学園明日館にも
いったことがないので、まずはこちらからですね。

自由学園明日館
http://www.jiyu.jp/

どちらの建物も、使う人に恵まれたそんなふうに
いえるかもしれませんし、その居心地を設計
できた建築家はやはりすごいとも言えるでしょう。


【参考図書】

« 無常を輸出してみたら・・・ | トップページ | 学芸会の記憶 »

★―読んでみたものの・・・」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無常を輸出してみたら・・・ | トップページ | 学芸会の記憶 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本