« BINGATAYAのショップカード | トップページ | モバイルアート »

2008年5月26日 (月)

本の中身を地で行く著者の売り方

ウジトモコさんの
「視覚マーケティングのススメ」

本の中身を地で行く著者自身のプロモーションが
完璧になされています。

ウジさんの会社とは別に、本用のサイトもあって
デザインを統一、本を読むこと以上に、本を
書きたい人、売りたい人に役立つスキームが
あると思いました。

■ウジさんの会社のサイト
 ウジパブリシティー
 http://www.uji-publicity.com/

■本のサイト
 http://uji-publicity.com/smarketing/

でもそんなことを言いながら、とても役に立つ
ことが書いてあって、デザインなんて・・・と
思ってしまう人に、わかりやすくその有用性を
語りかけてくれています。

【学習した内容のキーワード】

■つかむデザインと引くデザイン
■中小企業は“感心する”デザインを使え
  → 関心をもってもらい感心してもらう
■強さと同じく美しさも心を動かす
■デザイン・センスを磨く5つのポイント
 ・文字―デザインの「人格」は9割「文字組」で決まる
 ・レイアウト―機能を理解して、感覚的効果まで狙う
 ・配色―可能性とモチベーションの切り札
 ・トーン&マナー
 ・コピー

« BINGATAYAのショップカード | トップページ | モバイルアート »

★―読んでみたものの・・・」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BINGATAYAのショップカード | トップページ | モバイルアート »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本