« 石黒由紀子さんの「さんぽ、しあわせ。」東京ゆるゆる街ある記 | トップページ | 農力 »

2008年5月 6日 (火)

プロ美術家になる!・・・?

プロ美術家になる! 泥棒美術学校《実践編》
(佐々木豊著)の中で、

束芋さんの名前の由来(田端家の三人姉妹の呼び分けのため)
とか、銀座の画廊の格式・・・みたいなことをへぇ~と読みながら

香月泰男を例に

「相手におもねって描いた通俗絵画は飽きられ、やがて
 忘れられるが、自分のために描いた絵は時として
 普遍性を得ることもある」

という文章を読んで、もしかしたらプロの方だけでなく、
アマチュアで仕事をしながら作品を作る方にも、良い作品を
つくる可能性はあるのでは・・・と思いました。

ちなみに画廊つながりな情報ですが、
5月30日で銀座で画廊の夜会が開かれますね。
http://www.ginza-galleries.com/

なかなか画廊には足を運べないのですが、
このときくらいはと思う次第です。

« 石黒由紀子さんの「さんぽ、しあわせ。」東京ゆるゆる街ある記 | トップページ | 農力 »

★―読んでみたものの・・・」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石黒由紀子さんの「さんぽ、しあわせ。」東京ゆるゆる街ある記 | トップページ | 農力 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本