« 女子の古本屋 | トップページ | 何才をイメージして子育てしてますか? »

2008年4月14日 (月)

子育てと名づけ

子どもの教育というやつは、いろいろと考えさせられます。

自分を振り返って、たとえば、
3歳のころに何を教えられたか?なんて覚えていませんし、
何か効果があったか?なんて とてもとても・・・

自分が子供を思って感じた事のひとつに「名づけ」が
あります。

いろいろな名づけ方ってありますが、
20代前半~30代くらいで、だいたい親になる方は
親になる経験を持つと思いますが、
この人生の半ばみたいなところで、新しく生まれてきた
子供の名前を決めるわけです。

ひどいなあと思いつつ、そこまで歩んできた、とても
途中であるわけですが、一応の棚卸というか
こんなことに興味を持って、とか、こんなことが好きで
とか様々なことが、そこに宿ってしまうと思うのです。

なので、精一杯の、子供がその当時の自分と
同じ年齢になった時に、負けていないぞという
程度の名前をつけられていればと思いました。

さて、自分がそれを成しえたかどうかは
わかりませんが、四苦八苦・七転八倒のつもりで
つけましたので、あとは子供たちの判断に
譲りますが、そんなプロセスを親として踏むことが
また子育てにも必要だと思うのです。

« 女子の古本屋 | トップページ | 何才をイメージして子育てしてますか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子の古本屋 | トップページ | 何才をイメージして子育てしてますか? »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本