« 感情で動いてしまうので・・・ | トップページ | 有名中学の図書館貸出ランキング »

2008年4月26日 (土)

毒もつ人々

なにか世の中、毒が多いように思う。
そんな自分もいろいろな毒をもちながら、
また、くらいながら生きているのだと思う。

石原壮一郎著「30女という病」
小原直花著「婦国論」
牛窪恵著「20代ハッピーパラサイト消費のチカラ」

の3冊をめぐりながら、
ちょうど30代の私が、いろんな意味で
バブル経済に影響を受けてきたなと感じる

30女でも、婦国論でも、30代はキャリアアップに
酔いしれてしまう面が取り上げられていて、
うだつもキャリアもあがってないけど、
好きだよな・・・と思ったりした。

※僕自身のこととして

さて、そんな中で、世代による違いは何か、
人間の本質的な行動の背景は何か、
といったことを考えたのだけど

こんなことかもしれないという仮説を
思いついた

それは、

「言いたいことが言える人間関係をどこで
 構築するか?」ではないかと

それが、家庭だったり、恋人だったり、
仕事仲間だったり、いろいろとするのだけど
そこが上手くかみ合わないと、毒が生まれる
ように思った。

おそらく、この人なら私のこと何でも聞いてくれる
と思い込んでいても、実際はそうでなかったことが
判明した場合など、毒の存在に気づくのではないか
そんな場面をイメージしてほしい。

毒をくらうのは気の毒な話だけど、
毒にも薬にもならないよりは、
何かしらの刺激があったほうが面白いし、
ただ疲れることも多いからあまり摂取すると
体を壊すかもしれないが、
うまくバランスをとって生活するしかないだろう。

そして、そのバランスのとり方が消費性向にも
現れるのではないか。そんなことを考えた。




« 感情で動いてしまうので・・・ | トップページ | 有名中学の図書館貸出ランキング »

★―読んでみたものの・・・」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 感情で動いてしまうので・・・ | トップページ | 有名中学の図書館貸出ランキング »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本