« 小川三知の関連本出てます。 | トップページ | 県民性を感じるとき »

2008年4月11日 (金)

美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?

「なぜ、わが社の実情を・・・」と驚いてしまいそうな
リアルティあふれるストリー展開で、経営と財務会計の
ポイントを教えてくれる

林總さんの
「美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?」

前作『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』
ほどスリルはないように感じましたが、より実際の企業の
実情に照らしたストーリーになっていて面白かったです。

さらりと読んで、ちゃんとおつりが返ってくる本だと
思います。

« 小川三知の関連本出てます。 | トップページ | 県民性を感じるとき »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

貸して。

推測では、1000円カットですが。
回転率はいいし、多少雑でもしょうがないかとクレームが少ない。
なので、人材育成費も少なくて済む。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小川三知の関連本出てます。 | トップページ | 県民性を感じるとき »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本