« 脳と仮想世界 | トップページ | ワーキングプアと向き合う »

2008年3月26日 (水)

論語力

論語というと難しくて
確か岩波の文庫とかを持っていたと
思うのですが、それすらもどこかに
行ってしまい・・・

友人から勉強会があるよと
言われても誘いには感謝しながらも
行かぬまま・・・ゴメンナサイ

でも最近心変わりしつつある
ということで、「論語力」をひらいて
みました。

そこで、論語とは何か、と
考えてみると

例えば人生をカンバスに例えて、
心をパレットに模し、その上に盛られた
絵の具を色々な出来事や教養、財産など
と見立ててみると

描く絵の描き方、筆のさばき方、
色の組み合わせ方などを論語は
説いているのではないかなかと感じ
ました。

有名な画家の遺されたパレットから
崇高な思想を感じるがごとく

たとえ名作を描きあげることは
できなくとも、私の心のパレットに
多少でも何か、高潔さを遺すことが
できれば幸せです。

« 脳と仮想世界 | トップページ | ワーキングプアと向き合う »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脳と仮想世界 | トップページ | ワーキングプアと向き合う »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本