« 鈴木崇巨著 キリストの教え | トップページ | PRケーススタディ »

2008年3月19日 (水)

エマジェネティックス

舌がもつれてうまく発音できそうにない
「エマジェネティックス」というもの・・・
要約すると以下のとおり

-------------------------------------------------
エマジェネティックスとは、7つの要素に
もとづいて、人の本質を“見抜く”脳研究を
ベースにしたビジネスルール。

全米屈指の人材開発コンサルタント
ゲイル・ブラウニングが教える脳科学にもと
づいた、創造的な人材と組織を作り出す究極
のメソッド。

[4つの思考スタイル]
●分析型
 論理的、理性的、客観的、懐疑的で、事実に
 もとづいて考える。

●ディテール型
 実際的、慎重で、意外性に欠け、秩序立った
 考えかたをする。

●社交型
 思いやり深く、人とのつながりを重視し、
 社会的な意識が高く、人を直感で判断する。

●コンセプト型
 想像力が豊か、クリエイティブ、革新的、
 夢想家で、アイデアを直感で判断する。

[3つの行動スタイル]
●自己表現性
 他人や周囲の世界にたいする関心度を示す。

●自己主張性
 自分の考え、信念、感情を伝えるエネルギー
 の強弱を示す。

●柔軟性
 他人の考えや行動を気にかけ、
 彼らの要望に応えようとする気持ちの強弱
 を示す。

-------------------------------------------------

人間を上記の4つの思考スタイルに無理矢理
あてはめるというよりは、どの思考スタイルが
何割程度あって、行動スタイルはどんな感じと、
現状を把握するためのメッソドということで
決めつけ感はなくていいかと思います。

また、これを活かした対人関係の構築や
マーケティングなど、さまざまなアドバイスも
盛り込まれていて、とても役立ちそうな
手法と思いました。

さてさて、みさんは小生がどの思考スタイルで
3つの行動スタイルの強弱はどのくらいと
お感じでしょうか。

機会がありましたらお教えください。

どうぞよろしくです。

追伸:きっとこれそのうち研修ビジネスの領域で
   ブレイクするかもしれませんね・・・。
   http://www.emergenetics.com/

« 鈴木崇巨著 キリストの教え | トップページ | PRケーススタディ »

★★★―大切にしていきたい本」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴木崇巨著 キリストの教え | トップページ | PRケーススタディ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本