« 電子マネーのデザイン【都市伝説予備軍】 | トップページ | ロハスビジネス »

2008年2月26日 (火)

電通・吉田秀雄氏の旧宅を近所に発見!

電通元専務の石川周三氏の「師匠は広告の鬼」を読んだ。

著者自体の血筋もすごくて、大森貝塚を発見したモース
に学んだ動物学者の石川千代松東京帝国大教授が
祖父であり、曾祖父は勝海舟と親交のあった石川周二。
さすがという感じです。

その影響か、この本には、明治維新からの史実であったり
歴史の登場人物の横顔を推測したりするにはもってこい
のお話がたくさんちりばめられています。
明治維新から昭和史までとても幅が広いので、
歴史が好きな人にはおすすめかもしれません。

そこで、不思議なことを知りました。
吉田秀雄氏は小倉の出身なのですが、小生も
半年だけ小倉にいたことがあって偶然だなあ~と
思い、そこで、吉田氏のことをネットで調べてみると

吉田氏の自宅が品川区にあり、これは安田財閥の
初代安田善次郎の甥善助氏の邸宅だったそうなのですが、
これが吉田氏に移り、死後、吉田記念館になり、最後は
品川区に寄贈されたことを知りました。

その地には、現在は品川歴史館が建っているのですが、
いまでも茶室「松滴庵」が残されていて、かつ、水琴窟
も復元されているそうです。

この品川歴史館は、池上通り沿いにあり、大森貝塚も
すぐ近くです。

著者のおじいちゃんが学んだモースとの馴染みが深い
貝塚の近くに、人生の師といえる吉田氏の自宅が
あったといのは、何か不思議な縁を感じます。

息子が4月から通う幼稚園がこの近所なので、
日曜日、暴風が吹き荒れる中を神社に行ったりしていた
のですが、その近所に広告の神様が住んでいたことを
知り、驚きました。

こうした不思議なつながりに、あやかりたいものです
(笑)

最後に吉田秀雄氏の言葉をご紹介します。
あまり公に語られたものではないようなのですが、

「俺は20代の時は、人生は努力7割・運3割、
30代の時は努力5割・運5割、40代になると
努力3割・運7割だと思うようになった。」

とある人に語っていたといいます。
ご紹介まで。

« 電子マネーのデザイン【都市伝説予備軍】 | トップページ | ロハスビジネス »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 電子マネーのデザイン【都市伝説予備軍】 | トップページ | ロハスビジネス »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本