« 岩谷赤丸のこと  梶川敦子著 占いの原点「易経」 | トップページ | 濱川智著 WEBコミュニケーションシナリオ »

2008年2月13日 (水)

鈴木貴博著 「アマゾンのロングテールは2度笑う」

事業自体をどうしていったらいいのか
これは、経営者にとっても働いている人に
とっても大きな問題だと思います。

グチではないですが、どちらかと言えば、
会社の中で、コア事業ではない分野の業務に
従事しているものにとっては、担当している業務が
少しは芽がでるのか そうでないのかは
大きな問題ではあります。

もちろん、転職するとか、何かしらの
変化を自ら選ぶということもあるとは思う
のですが・・・

さて、そんな中、百年コンサルティングの
鈴木貴博氏の「アマゾンのロングテールは
2度笑う」を読んでなるほどと思いました。

企業の現在のコア事業は、おおよそ衰退方向に
向かっているというのです。

そして、衰退するコア事業を工夫するよりも
次の土俵を作るべきと説きます。

なかなか示唆に富んでいるな~と思いました。

« 岩谷赤丸のこと  梶川敦子著 占いの原点「易経」 | トップページ | 濱川智著 WEBコミュニケーションシナリオ »

★★―読む価値はあり」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岩谷赤丸のこと  梶川敦子著 占いの原点「易経」 | トップページ | 濱川智著 WEBコミュニケーションシナリオ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本