« ジョン・ウッド著「マイクロソフトでは出会えなかった天職」 | トップページ | 神田昌典さん×勝間和代さんのトークショー »

2008年1月28日 (月)

出光美術館にて

出光美術館にて開催中の

「王朝の恋 ―描かれた伊勢物語―」を観て来ました。

伊勢物語を題材に描かれた名品の数々を展示し、美術館を
めぐりながら、物語も伝わってくるといった感じの構成に
なっていました。

本来であれば、絵をみて、これはココの場面だね・・・と
言える素養がないとつらいのでしょうが、真面目に伊勢物
語を読んだことはないので、絵をみているのか、添えられ
た解説を読んでいるのか、という状態ではあったのですが、
限られた紙面で、場面を的確に伝える絵の構成力はすごい
なあなどと感動したりしながら、みました。

それと、常設の陶片室で、唐津などの陶片をぼんやり
みながら、

名もない職工が絵がいた花びらに美が宿るように
自分にも何か残せるのだろうかと・・・

そんなことも思いました。


出光美術館
http://www.idemitsu.co.jp/museum/index.html

« ジョン・ウッド著「マイクロソフトでは出会えなかった天職」 | トップページ | 神田昌典さん×勝間和代さんのトークショー »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Wataruさんのこのブログ読んで、伊勢物語ってどういうんだっけ?と思いました。サイトで調べてみます。絵巻物なのかな、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョン・ウッド著「マイクロソフトでは出会えなかった天職」 | トップページ | 神田昌典さん×勝間和代さんのトークショー »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本