« 半田裕さんの本 | トップページ | 運動オンチは運動で克服する »

2007年11月 2日 (金)

デザインの崩壊

佐藤可士和さんと佐藤悦子さんの
出版記念トークショーに行ってきました。

それほどミーハーではないのですが・・・

ある意味、オーラは奥様のほうがと思いつつも
アートディレクトする際に、短い言葉でコンセプトを
表現し、それをクライアントや関係者と共有、指示を
出しながら仕事を進めていく佐藤氏のスゴサには
改めて関心しました。

例)スーツセレクト
  → リアル・スーツ(日常の仕事着)
  http://www.suit-select.com/

  千里リハビリテーション病院
  → リハビリテーション・リゾート
  http://senri-rehab.jp/

せめて、その一行力だけでも手にしたいのですが・・。

また、その奥様のSAMURAIのマネジメントの姿勢も
実際に話を聞いてみるとスゴイなと思いました。

さて、そんな帰り道にデザイン関係の書籍を豊富に
扱う書店をのぞいてみたのですが、

その最中に、そんな興味とは裏腹に、
「もうデザインがいらない世界に行きたい~」と
心の中で叫ぶ自分がいました。

本屋さんには当然のごとく、建築やプロダクトの情報が
たくさんあふれているのですが、ありすぎて、過食気味
の症状に陥ってしまったようです。

ですが、それはその数故というよりは、それらのひとつ
ひとつを良く見てみると、どうも、それらがみな自然を
希求しながら満たされていないというか、疲れ果てて
いるように感じたからだと思います。

本来、デザインはより自然に近ずこうとするものなのかも
しれません。しかし、それが都市生活の中で満たされずに
埋もれてしまい、一方で手にとる人のほうにもその余裕が
失われているように感じるのです。

そして、この相互に不幸な状況が、活況に見えるデザイン
の世界の根底で、膨大なデザインを生み出し、消費する
原因となり、氾濫と疲弊を招いているとなってはいないで
しょうか。

私たちの手にゆだねられていることは、あらためて大きい
と強く感じます。

« 半田裕さんの本 | トップページ | 運動オンチは運動で克服する »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半田裕さんの本 | トップページ | 運動オンチは運動で克服する »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本