« 今度は薬屋さん ドラッグストアトリッパー 森井ユカ | トップページ | ホワイトカラー受難の時代 »

2007年10月 3日 (水)

SM・・・沢田マンション

SMと言うと いろいろ連想をさせるけれども
これはやられたと思いました

「沢田マンション」 
そして、その超一級資料です。

たしかに、沢田マンションでのバス旅行とか
僕は知りませんでした。

一度は高知に行って
みてみたいなと思うし
どことなく住人のプライバシーに気をつかいながら
(実際使っていると思う)
でも、どこか抜けていそうな ほがらかさ
そんな感じで 人と人が触れ合えたらいいでしょうね

そういうのを 隣近所というのかもしれませんが
それを失いそうなマンションだって
ああ なれるのだから
あそこまではいかなくても
いろいろなコミュニケーションのヒントが隠れて
いるように思います。

« 今度は薬屋さん ドラッグストアトリッパー 森井ユカ | トップページ | ホワイトカラー受難の時代 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度は薬屋さん ドラッグストアトリッパー 森井ユカ | トップページ | ホワイトカラー受難の時代 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本