« 山本一力の講演会行ってきました。 | トップページ | 朝EXPOがあるんですね。 »

2007年10月15日 (月)

電報

急ぎの電報を送らなければならなくなり
NTTにWEBからオーダーした。

最初は定型文みたいな例文をそのまま利用
すればと安易に文章を選んだが、故人との
少ないそれでも記憶に鮮明に残っている
思い出をたどると、どうもそれはあるまいと思う。

「あの時はごちそうさまでした。長唄素敵でした!」
などといろんなメッセージを打ちながら、
でも結局はその行為すらわからないほどの短い
文章に落ち着いてしまったのだが、

それでも少し自分を納得させることができた
のは、電文を作りながら、僕なりにその人の
人生に対して、精一杯向き合い、感謝する時間
を持てたように感じたからだ。

ただ残念なのは、電文を読む人たちへの
ふさわしい言葉を見つけることができなかったこと。

そして、「あなたを忘れずにこれからも頑張る」と
やはり叫べなかったことだろうか。

多くの人が、いろんな叫びを持っているのだと
思う。口にも声にもできないものを。
そしてそれがわかるわけでもないが、少なくとも
それらが心を乾かすのではなく、心を潤してくれる
ものと僕は根拠もなく信じることにした。

ちょうど、その日、図書館から
ブームになって久しい「千の風になって」のCDを
借りていた。連絡を受ける前だから、たまたまの
偶然なのだけど、結果的に癒されてもいるが、
それだけでいいのだろうかとも思った。

もし、いま、何か心に重たい荷物を背負っている
人がいたら、弔電とは言わないが、架空の電報を
1通、作ってみたらどうかと思う。

宛先のない、それでも相手を思いながら


« 山本一力の講演会行ってきました。 | トップページ | 朝EXPOがあるんですね。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本一力の講演会行ってきました。 | トップページ | 朝EXPOがあるんですね。 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本