« ホワイトカラー受難の時代 | トップページ | 芳子 ビューエル「なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?」 »

2007年10月 5日 (金)

藤森照信建築

建築とかが好きな奥さんの影響を受けて
藤森照信はなんとなく ウォッチしているつもりだ
残念ながら、実物に会ったことなどないけど・・・

とくに親しくさせていただいている方が同じ町に
住んでいるラムネ温泉はぜひ行きたいと思っている。
http://www.lamune-onsen.co.jp/

まあミーハーだと、その人には笑われるかも
しれないが・・・

さて、藤森氏の作品を写真で見ながら
感じることは「不自然の然」ということ。

僕の勝手な言葉だから、けして適切とは思わないけど
なんとなく不自然な形をしているのに、自然を感じさせる
魅力があるように思います。

それは、ある部分に自然を象する核がしっかりと
埋め込まれているからではないでしょうか。

とにもかくにも これからもたくさんの作品を作って
ほしいです。

本の中で、茶室に書かれている文章は、勉強になりました。


« ホワイトカラー受難の時代 | トップページ | 芳子 ビューエル「なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?」 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実際に現役の建築士を探しているんですが、
こんど、いろいろ教えて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホワイトカラー受難の時代 | トップページ | 芳子 ビューエル「なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?」 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本