« バーナード・リーチ | トップページ | 英語苦手につき・・・ »

2007年9月10日 (月)

モダンとポストモダン

子供の砂遊びに付き合いながら、
岩波から出ているポストモダン・ブックスの
シリーズの1冊「エコロジーとポストモダン
の終焉」を読んだ。

その間に、砂山と大きな巨大の穴とか、色々
な造作ももちろん作る。

この本、出版社のWEBによると、気鋭の批
評家・研究者が書き下ろした英米で話題の
「ポストモダン・エンカウンターズ・シリー
ズ」の日本版の中の1冊らしい。

エコロジーという言葉にひかれた程度の興味
だったので、思えばあまり読むほどのことは
なかったのだけど、テーマはエコロジーがモ
ダンの範疇か、ポストモダンなのかといこと
を論じていることがわかった。

さて、もう1冊、「猪口さん、なぜ少子化が
問題なのですか?」という本を読んでいたら、
やはり、いまは、ポストモダンだといった記
述があったので、モダンとか、ポストモダン
を語ることって結構あるんだなあということ
が、おもむろにわかって、面白かった。

難しいことはよくわからないが、我々が大き
な問題を前にしていることは間違いなく、自
分自身の生き方や人生に直接影響を与える課
題となっている。この時代の潮目の中で、
言葉の定義は別にしても、主体的に考えてい
く姿勢は大切にしていきたいと思った。



« バーナード・リーチ | トップページ | 英語苦手につき・・・ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本