« 草原のラーゲリ | トップページ | IKEA超巨大小売業、成功の秘訣 »

2007年6月13日 (水)

まず ささやいてみる

週末の求人広告に、もしもしホットラインで
年金相談窓口のオペレーター募集の広告を
みました。

たぶん、契約社員やパートという不安定な
雇用形態の中で、一時的に年金の後始末を
担わされるというのは、何かおかしいなあ
と感じました。

ある意味、年金特需なのですが、今回の
問題の責任をしっかり見極めて措置を講じ
ないと、電話待ちは解消されたけど、
そのコストの負担が膨大にふくらんだり、
それなら、その分を年金に還元させるとか、
別の考え方もいろいろ出てくるのではない
かと思いました。

たぶん、社会保険事務所で働いている人も
問い合わせが多くなった分、残業時間が増えて
給与が増えて、組織的にみると怠慢なんだけど
個人で考えるとラッキーみたいな状況も
あるのではないでしょうか。

思えば、雇用されるオペーレーターの方の
短期間の研修期間を思えば、それで対応が
できるようになるならば、基本的に、
全国におかれている社会保険事務所なんて
閉鎖して、銀行のようにWEBですべてが
できるようにしたほうがいいでしょうし、
何十年のベテラン職員といった人のいる意味
などそもそもないことになるのかなあと
思いました。

まるで介護のグッドウィルではないですが、
年金でも複数のコールセンター運営会社が
ある意味、暴利をむさぼるようなことも
可能ということになれば、それこそ本末転倒
ですね。

私たちは面倒なことになるとお金で解決しよ
うとしがちです。(僕もそうなのですが)
だから、少子化も年金も介護も、または
ゴミの問題も、すべて同じ根の延長にないで
しょうか。

1人ひとりの市民が、大衆にならないために
意識するべきことは、どのような社会であろ
うとするかを、各人が意識し行動することで
あると思います。

ブログの口コミとまではいかなくても、
1人ひとりが、いろいろな意見があると思い
ますが、それらをささやいてみることが重要
ではないでしょうか。

大きな声は為政者にとっても把握しやすいし
対処も容易ですが、ささやきは、かすか故に
推し量りずらく、意外な“力”になるかもし
れません。

« 草原のラーゲリ | トップページ | IKEA超巨大小売業、成功の秘訣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/15416204

この記事へのトラックバック一覧です: まず ささやいてみる:

« 草原のラーゲリ | トップページ | IKEA超巨大小売業、成功の秘訣 »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本