« 顧客サービスを行う際の心の在り方 | トップページ | お腹が・・・ »

2007年1月18日 (木)

心がやすまります「手紙を書きたくなったら」木下綾乃著

イラストレーター 木下綾乃さんの本を読んだ。
というか本を読んで初めて知ったのですが・・・

「手紙を書きたくなったら」はとても心がやすまる
本です。

やさしい文体とかわいらしいイラスト。

ぼくも手紙が好きだったり、小さい頃、切手を集めたり
してたので、親近感も沸きます。

僕よりも一つ年下の女性が、わくわくと手紙を
したためたり、切手を愛してくれている様子が
わかると すごくうれしくなりました。

普通、手紙は人からいただくもので、出すものですが、
どのような人からいただいたか、言い換えれば、
どのような人とどのようか形でお付き合いを
しているかにより、その人なりの手紙の書き方や
スタイルがうまれるのではないでしょうか。

もちろん、相手への気遣いや思いやりも欠かせません。

「伝える」ことにある種の不自由があるほうが、
よほどの豊かさを得られる。

そんなことを思いました。

« 顧客サービスを行う際の心の在り方 | トップページ | お腹が・・・ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123937/13559017

この記事へのトラックバック一覧です: 心がやすまります「手紙を書きたくなったら」木下綾乃著:

« 顧客サービスを行う際の心の在り方 | トップページ | お腹が・・・ »

最近のトラックバック

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

いつか読む本